予防接種について(定期予防接種)について考えてみませんか?

子育てをしているママにとっての子供の健康は何よりも大事ですよね。

健康を守ってあげるために大切な事の一つに予防接種があります。

現在の予防接種は義務ではなくて、受けるように努めなければならないという「勧奨接種」になっています。

ですが子供の健康を考えるとやはりしっかり受けておくことが大切だとおもいます。

赤ちゃんや子供が受ける予防接種には2種類の予防接種があります。

定期予防接種と任意予防接種、この二つになります。

定期予防接種とは、一定の年齢になったら受けることが望ましいと定められた予防接種です。

感染力が特に強い病気、三種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)、BCG、ポリオ、はしか、風疹この5つが対象です。

この定期予防接種には、接種方法が集団接種と個別摂取があります。

集団接種とは、市区町村などが決めた日時に、い役所や公民館、保健所などで大勢の赤ちゃんと一緒に行う予防接種のことをいいます。

また個別接種とは、決められた中で好きな病院を選び、それぞれが都合のいい時に病院に行って受ける予防接種のことをいいます。

集団接種をできるだけ優先し、その中で個別接種を組み入れながら、大まかな予防接種の予定を立てましょう。

子供の体調により、予定通り行かなくてもあせる必要はありません。

子供の体調は急に変わりやすく、予定通りに進まないのが当たり前です。

予防接種が可能な期間はだいたい7歳半までですから、しっかり猶予があります。

ただ、注意が必要なのはBCGです。生後6か月までと決められていますので、気をつけてあげてください。

それ以降の予防接種は任意接種になり、これは有料となります。

この場合には、病院によって決められた接種料金が異なりますので、確認してから病院を選びましょう。

私の子供は、水疱瘡にかかってしまい接種の機会を逃してしまい、その後もタイミングが合わなく結局自費接種になってしまいました。

予防接種の前には、できるだけ体調管理に気をつけてあげて、人の多く集まる場所などはできるだけ避けておくなどのちょっとした心構えをしておくのがいいですね。