トイレトレーニングどうしてますか?

手のかかる大変な赤ちゃんの時期が終わり、意思疎通もできるようになってきて、子育ても少し楽になったかな?と感じ始めるようになったころにやってくるのがトイレトレーニング。

2歳くらいの子供になってくると、まわりではオムツが取れている子がいたり、「そろそろトレーニング始めたらどう?」なんて声も聞こえたりして来て、何となくあせってしまいますよね。

トイレトレーニングはママと子供のタイミングも必要になります。

周りの事や周りの言葉は気にせず、自分たちのやる気の出た時に自分たちのペースで初めてみてくださいね。

お勧めは夏場です。失敗しても洗濯物はすぐ乾くし、多少濡れていても風邪の心配もありませんよね。

それに夏場は汗もいっぱい出ますから、おしっこの回数が少なくなって失敗の回数も当然減ります。

3人の息子がいる私は、長男の時に、夏場にいきなりパンツをはかせて失敗したときの不快感を味わわせてみました。

それから何度か失敗しましたが、1週間でオムツがとれました。

ですが、子供一人一人で違うもの。次男はこの方法でもなかなかオムツがとれずに垂れ流しの毎日。

叱ってはいけないとよく聞きますが、イライラしてしまって怒鳴ってしまうことも・・・。

こんなことではいけないと思い、思い切ってトレーニングを一旦中止しました。

次男にとっては、まだオムツを取る時期にきていなかったのですよね。

1年後の夏に再開をすることにしました。この時はイライラを避けるため、市販されている専用のパッドを使ってみることにしました。

パッドとはパンツにあてて使うもので、ちょうどナプキンのようなものでおしっこ一回分くらいは吸収してくれます。

オムツとちがって不快感があるので、しっぱいしてしまったら子供もすぐにわかるようでした。

こんな方法で2週間くらいしてやっとオムツがとれました!


子供によって一人一人成長も個性も様々ですよね。


叱られるとトレーニングなんてしない!と思ってしまう子もいれば、褒められたくてがんばろうと思う子もいます。

しっかりしているように見える子でも、トイレはまだなのよっていう子もいるし、まだおぼつかない感じに見える子供でもオムツは取れたのという子もいます。

ですが、みんないつかオムツはとれるものです。

大人になってもオムツをしている人なんていませんから、トレーニングが進まなくても焦らないでくださいね。

その子に合ったその子のペースで一緒にがんばってあげてください!