肌にできる湿疹って心配ですよね?

生まれて2週間くらいで赤ちゃんの顔などにできる湿疹の多くが「乳児脂漏性湿疹」と言われるものです。

よく耳にする乳児湿疹と呼ばれるものです。

ほとんどの赤ちゃんが経験する湿疹ですが、体質、皮膚の丈夫さなどで、症状がその子によって違います。

皮脂の分泌が多い頭や顔を中心に、赤いポツポツができ、カサカサしたりかさぶたのようなものが出てきたりします。

初めての赤ちゃんの時はびっくりするかもしれませんね。でも大丈夫です。

ひどい子でも、1年くらいで治ってしまう病気です。

お手入れ方法は、清潔にしてあげるそれが一番のお手入れ方法です。

お風呂ではベビー石鹸などで丁寧に洗ってあげ、しっかりすすいだ後、病院で処方された薬をぬってあげてください。

かさぶたのような物は見ているととってしまいたくなりがちですが、取れば治るというものではありませんので、自然に取れるまで待ちましょう。

どうしても気になるというのであれば、ベビーオイルをつけた後、蒸しタオルなどをしてかさぶたをやわらかくしてから、シャワーなどで洗い流してやります。

ひどくなってくると膿んでジュクジュクになる場合があります。

こんな場合はすぐに病院に受診してください。

抗生剤入りの薬を使って治していきます。

抗生剤と聞くと抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、大量に使ったり、長期間使ったりしないようにすれば問題のない薬です。

乳児湿疹は見た目にも目立つので、周囲からいろいろ言われたりすることもあるとおもいます。

子育て中のママとしては気になりますよね。

それでも一時のとこですので、きちんとケアをして赤ちゃんを優しく見守ってあげてくださいね。