離乳食の進め方しってますか?

ミルクやおっぱいを飲むだけだった赤ちゃんも、大きくなると次第にこちらの食べてるものに興味を持っていきます。

”何を食べているの〜?”なんて感じで寄ってきたら、離乳食スタートの合図です。
離乳食は一般的に5ヶ月頃から始めます。

早すぎるスタートはアレルギーを起こしやすい上に消化機能も未熟です。

逆に遅すぎると、噛む力が発達が遅くなったり、鉄分不足の問題が出てきます。

早くても4ヶ月遅くても6ヶ月頃に離乳食を始めることができるといいですね。

4〜5ヶ月頃は離乳食初期で、最初はすりつぶしたおかゆから始めます。

おかゆに慣れてきたら野菜類やタンパク質源食品を与えます。

時間をかけてゆっくりいろんな食材を増やしてあげましょう。

初めは赤ちゃんが空腹時のほうがたくさん食べてくれるので、授乳時間の一回を離乳食にします。

午前午後のどちらでも、ママの都合のいい授乳時間にあてはめて、できれば同じ時間帯がいいでしょう。

ですが、母乳の場合はなかなか授乳時間が決まらないことがありますね。この場合は、離乳食タイムをママが決めておき、前2時間は授乳せずに離乳食を与えます。

どろどろ状なものに慣れてきたら、少しずつ水分を減らしていき、固さを増やしてやります。

嫌がるときは、どろどろに戻してあげて、様子を見ながらゆっくり液体から固さになじませていきます。

6〜7ヶ月の離乳食中期には、舌でつぶす練習をさせるために柔らかいつぶつぶのある、豆腐のような離乳食を与えます。

食事の回数も、午前午後と1回ずつなど、2回食にしていきます。


8〜9ヶ月の離乳食後期には食材も色々増えていきます。

ですからいろんな物をゆっくり食べさせてあげましょう。

急に固くしてしまうと、噛むことができなかったり、まる飲みなどの悪い習慣がつく場合があります。

その子の発達に合った固さの離乳食が必要になります。

この時期の赤ちゃんの舌は左右にも動くようになってきて、食べ物を左右に寄せて歯茎でつぶして食べられるようになります。

歯茎で簡単につぶせるバナナくらいの固さの離乳食を作ります。

10〜15ヶ月頃には離乳食完了期です。

もうすぐゴールですね!味はまだ薄めですが、大人と同じ3回食で、足りない分はミルクで補給します。


この頃になると中には奥歯が生えてくる子もいて、噛む力も強くなるので、離乳食の形を少し大きめにして、しっかり噛む練習をさせましょう。

手で掴めるもの(小さなおにぎりやサンドイッチなど)を作ってあげて、自分で食べる事を覚えさせていっても良いですね。


一般的な離乳食の進め方は以上ですが、赤ちゃんにもそれぞれ個人差があります。

ミルクやおっぱいが大好きで、1歳までなかなか食べなかった、という赤ちゃんもいます。


子育て中は、色んな事が不安や心配に思えてきてしまいますが、自分の子供が食べないからといって、不安に思ったり、あせったりする必要は全くありません。

その子のもったペースがあります。

昨日まで全然食べなかったのに、なぜか急に食べるようになった、なんて話もよく聞きますよ。


赤ちゃんが食べない時は、それをストレスに感じないように、いったん離乳食を休憩しちゃってください。

できるだけ赤ちゃんのペースに合わせて、ママも赤ちゃんも楽しみながらゆっくり一緒に頑張ってくださいね。