男の子のおちんちんどこまで知ってますか?

分らないことがいっぱい出てくるのが子育て。

男の子をもつお母さんで、おちんちんのことで疑問に思うことって多くないですか?

3人の息子を持つ私も、おちんちんについては分からないことがいっぱいありました。

育児書にはおちんちんはむいて洗ってあげましょうと書いてあります。

”むくって何??むけるものなの??”と疑問に思いながらも、息子のおちんちんを自分なりにむいてみようとしてみましたが・・・。

嫌がるし簡単ではないしで、困ってしまい、主人に聞いてみたのですが、”どうだったかなぁ”という曖昧な答えしか返ってきませんでした。

自分なりに調べてみたところ、小さい子のおちんちんはむけてないのが当たり前のようです。

皮を引っ張ってみて、おちんちんの先端(亀首)が出てこなければ真性包茎で出てくれば仮性包茎と区別されるようです。

赤ちゃんはほぼ100%真性包茎で、乳児になると80%、幼児で60%です。大きくなるにつれて自然にむけるようになります。

ですから、子供の包茎は何もしなくても自然にむけるようになるまで待つのがいいようです。

ですが、おちんちんはできるだけ清潔にしておかなければいけません。

皮と亀首の部分の間に隙間ができているので、できるだけ中にたまった汚れや垢を洗う必要があります。

むいて洗わないでいると、亀首包皮炎になってしまう恐れがあります。

だからといって、神経質にならず、むけるところまで優しくむいて洗ってあげてください。

たくさんむけなくても、大きくなったらいつかはむけるので、少しずつむいていけばいいです。

石鹸をつかってしまうと、隙間に石鹸が残ってしまうとよくないので、使わないようにしてくださいね。

つかった場合はしっかりすすいであげてください。

それから、むきっぱなしは良くないようです。むいた後は戻しておいてあげてくださいね。

今6歳になる私の息子は、お風呂の時に自分でむいてシャワーをあてます。

大切なところだから、きれいにしておこうねっていつも清潔にしておく習慣をつけてあげるといいですよね!