お母さんの産後のケアとは

マタニティブルーをどう過ごしていますか?

マタニティーブルーとは、妊娠の前後に起こるホルモンバランスの急激な変化により、精神的に不安定になることをいいます。

ホルモンバランスを崩してしまうと、視床下部が不安定な状態になります。

そのせいで、イライラや不眠、疲れやすいといった症状が出てきてしまいます。

マタニティブルーの大きな原因は、妊娠〜出産〜育児の間に起こる、身体的疲労や、出産や育児に対する不安などがあげられます。

妊娠、出産することで、母親の自覚が出てきますね。それと共に突然自分の負担が大きくなり赤ちゃんを守らなければという気持ちが芽生えます。

赤ちゃんが寝てくれない、おっぱいを飲まない、発育が心配などの子育てに対してのジレンマから精神状態が不安定になってしまうのです。

「可愛い赤ちゃんを授かって幸せなはずなのに、どうして私だけこんな気持ちに?」なんて思わなくていいんですよ?

実はこのマタニティーブルーですが、結構多くの人が経験しています。

マタニティーブルーを経験した人は、出産経験のある人の80%くらいはいると言われています。

妊娠、出産による自然現象といえるのがこのマタニティーブルーということです。

気分が落ち込んでいる時はこの状態が永遠に続いてしまいそうな気持ちになってしまいますが、心配はいりません。

ホルモンが正常な状態に戻れば次第に精神的に落ち着いてきます。産後1〜2週間で戻ると言われています。

マタニティーブルーは一時的なものだといっていいでしょう。

ですが、ひどい状態になると一日中泣き続けてしまったり、食事が取りにくくなってしまったり。中には育児を放棄してしまう場合もあります。

辛いと感じたら、できるだけ早く身近な人に素直に打ち明け、家事や育児を手伝ってもらってください。

それでも改善されない場合は、思い切って病院で相談してみてくださいね。

適切な処置をしてもらえば、きっと良くなりますから。