保育料

保育料は、無許可保育園の場合、園によって独自に設定しており、園ごとに異なりますので事前の確認が必要です。


許可保育園の場合、自治体によって異なります。


年齢は3歳以上と3歳未満で区分する場合が多いですが、「0歳児」「1,2歳児」「3歳児」「4歳以上児」の区分を設けている自治体もああります。


保育料は子供が入所する日の属する月の初日の年齢及び子供の扶養義務者の前年分所得税や住民税の課税状況等に基づいて、自治体が決定していますが、決定にあたっては、前年分の源泉徴収票や確定申告書の写しを提出を求められる場合があります。


同時に複数の児童を保育に預ける場合は、2人目の保育料が半額程度に、3人目の保育料が10分の1程度になるケースが多いです。