気になるひきつけについてどれくらい知っていますか?

赤ちゃんがひきつけを起こしてしまった時、多くのママはひどく動揺してあわててしまうと思います。

ひきつけている時って本当に恐ろしく感じる時間です。

目は白目をむいていて、体は硬直してしまい、子供が突然遠くにいってしまったような、そんな気持ちになってしまいます。

脳細胞の異常な興奮の為、ひきつけが起こると考えられています。

脳が未発達なため乳幼児はひきつけが起こりやすいのです。

もしひきつけが起きてしまった場合正しく対応できるよう、我が子のためにきちんと勉強しておきましょう。

ひきつけのほとんどが熱性けいれんです。

これは心配するものではなく、熱の上がり始めや高熱時に起こりやすいです。

長くても10分程度で治まることが多いです。

大泣きしたときなど、熱がなくても起こることもあります。

顔が真っ青になり呼吸が止まった感じになりますが、これは1分ほどで治まります。

ひきつけを起こしたときの対処法ですが、まず静かに横向きに寝かせてボタンなどを外し気道を確保してやります。

動揺してしまって、抱っこして揺さぶったり大声をかけてしまいがちですが、これは絶対にやめてくださいね。

私は実際、子供の名前を叫びながら抱っこしてうろうろしてしまいました・・・。

できれば、ひきつけた時間、その時の子供の状態(手や足の動き)などをチェックできるといいです。

ひきつけ後に病院を受診した場合、お母さんの記憶が大事な役割を果たすこともあります。

その後意識が戻ってきたか確認します。顔色がよくなってきたり泣きだしたなどの症状があればもう大丈夫です。

そのまま眠ってしまうこともありますが、これは心配いりません。

落ち着いたら病院を受診してください。

ひきつけが5分以上続き、止まりそうにないときなどは、救急車を呼んでください。

治まってもすぐにひきつけを起こすようならこれもすぐに受診が必要です。

また、熱もないのにひきつけた場合、原因を調べるために検査が必要な場合があります。(熱の出ない胃腸風邪などでも起こることもありますが・・・)

お母さんが子供の状態をしっかり把握し、お医者さんに伝えてくださいね。