突発性発疹について

赤ちゃんの発熱を伴う病気で多くみられるのが突発性発疹です。

初めて耳にする人は「何の病気?」って思ってしまうかもしれませんね。

突発性発疹は生後6ヶ月〜1歳くらいまでに約90%の赤ちゃんがかかるといわれています。

初めての発熱が突発性発疹だったという赤ちゃんも多いと思います。

子育てをしているママにとって赤ちゃんの発熱って怖いですよね。

突発性発疹ってどんな病気なのでしょう。

発熱は突然で、咳や鼻水もない元気だった赤ちゃんが急に発熱し、高熱3〜4日続きます。

熱が下がると同時に、お腹から背中に赤い発疹が出てきて全身に広がります。

発疹は2〜3日目立ちますが、次第に薄くなっていきます。

かゆみは少ないようですが、たまにかゆがる赤ちゃんもいるようです。

この病気は、発疹が出てからでないと突発性発疹だとわかりません。

ですから最初は「風邪かな?」と思いがちです。

原因はヒトヘルペスウィルス6型、7型によるもので、感染力はそれほど強くありません。

潜伏期間は平均10日と考えられています。

発熱中はできるだけ水分補給に気をつけてあげましょう。

高熱でも比較的機嫌がいい事が多いので、そんなに心配するような事はないと思いますが、高熱による熱性けいれんや下痢を伴うことがありますので気をつけてあげてください。

私の息子達は、この病気にかかった時にはとても機嫌が悪くなったようにおもいます。

高熱の時よりも熱が下がってきはじめた時からグズグズでした。

個人差があるようですが、私の周りでも同じようなことを話している人もいました。

赤ちゃんの90%がかかる病気だなんてすごい確率ですよね。

1歳未満のお子さんがいらっしゃる場合、高熱が出た時この病気の事も頭に入れ、落ち着いた対応ができるようにしておくといいですね。